公正証書遺言の必要書類

公正証書遺言作成時の必要書類は下記の通りです。

① 遺言者本人の印鑑登録証明書
② 遺言者と相続人との続柄が記載されている戸籍謄本
③ 財産を相続人以外の人に遺贈する場合、その人の住民票
④ 財産の中に不動産がある場合、その登記事項証明書と、固定資産評価証明書又は固定資産税・都市計画税納税通知書中の課税明細書
⑤ 証人予定者2人の名前、住所、生年月日及び職業をメモしたもの(身分証のコピー)

必要書類は上記ですが、事前準備として、相続人の確定と、相続財産の把握があります。

上記記載漏れがあったとしても、「その他財産は○○に相続させる」という形で問題が無いと言われていますが、未知の不動産が入ると意外なところで問題が発生することもあり、遺言書があっても遺産分割協議が必要になることもあります。

細かな話になりますので詳細は別記したいと思いますが、遺言書作成には、不動産があるなら不動産に詳しい士業の先生にご依頼されることをお勧めします。

 

PAGE TOP