配偶者控除とは?

配偶者控除とは、財産の維持形成に対する配偶者の内助の功 や 今後の生活の保障 などを考慮して設けられた制度です。

 

相続時の配偶者の税額軽減は、

  • 1億6,000万円まで
  • 正味の遺産額に配偶者の法定相続分(子供がいる場合は2分の1)を掛けた金額まで

相続税がかからない、という制度です。

 

この制度は、配偶者が遺産分割などで実際に取得した財産で計算されます。

相続税の申告期限までに分割されていない財産は、税額軽減の対象にならないことに注意が必要です。

 

あまり難しいことはないので、詳細は下記リンクをご覧下さい。

リンク 国税庁

→ 配偶者の税額の軽減

PAGE TOP