課税価格千円未満は切り捨て

第16条《相続税の総額》関係

相続税法基本通達 第16条-2(課税価格の端数計算)からの抜粋

相続又は遺贈によつて財産を取得した者の相続税の課税価格を計算する場合において、その額に1,000円未満の端数があるとき又はその全額が1,000円未満であるときは、その端数金額又はその全額を切り捨てるのであるから留意する。

相続税法基本通達 第16条-3(相続税の総額を計算する場合の取得金額)からの抜粋

相続税の総額を計算する場合における「その各取得金額」に1,000円未満の端数があるとき若しくはその全額が1,000円未満であるとき又は相続税の総額に100円未満の端数があるときは、その端数金額又はその全額を切り捨てても差し支えないものとする。

国税庁HPより

 

固定ページ

PAGE TOP
ご相談&セミナー申込