相続財産とはどのようなものがありますか?

相続財産とは、被相続人の死亡時の所有財産・遺産のことで、

  • 不動産
  • 預貯金
  • 有価証券
  • 借地権
  • 貸付金
  • (事業用財産) 売掛金、機械装備、器具、自動車、商品、製品
  • (家庭用財産) 宝石、貴金属、車、家具
  • その他 ゴルフ会員権、著作権、特許権、漁業権

などのプラスの財産のほかに、

  • 借入金、買掛金などの債務
  • 未納の租税公課(税金)

といったマイナスの財産も含まれ、
相続人は、被相続人の財産法の法律的地位も引き継ぎます。

 

なお、相続財産に該当しないものとしては、祭祀財産(墓地、仏壇、仏具、神具、香典など)、死亡保険金、死亡退職金などがあります。

生命保険金・死亡退職金は、相続財産ではないので遺産分割の対象ではないものの、
相続税の課税対象にはなります。

 

 

PAGE TOP