10月より「子が考えるべき親の相続対策(前編・後編)」を開催します

2017年9月まで一回完結の「子が考えるべき親の相続対策セミナー」を開催していましたが、これまでのアンケート調査の意向を踏まえて、10月より前編・後編に分けて内容をより充実させた「子が考えるべき親の相続対策セミナー(全二回)」を開催することになりました。

内容は以下の通りです。


損をしないために、子が考えるべき親の相続対策(全二回)
ご存じですか?親任せの相続対策の大きなリスク。
自分を守り、相続税破綻・争族をしないための知識と知恵

相続相談の現場では、何も対策がされていなかったり、安易に書かれた遺言だけが遺されたりしていることが多く、きちんと対策をしていれば何も問題がなかったのに、遺産分けで骨肉の争いになったり、相続税が払えなかったりして、残されたご家族が非常に困ってしまうケースがとても多いものです。

また、高齢の親がよく考えず(業者にだまされて?)借金までしてアパートを建設し、子に大きな負の遺産を残してしまうケースも数多くあります。

今回のセミナーでは、前編・後編に分けて、
自分を守り、相続税破綻・争族をしないための対策として、

1.親任せの相続対策の大きなリスク
2.相続対策業者にだまされないための重要な基礎知識、
3.親に相続対策を勧めるアプローチのヒント

をお話し、すこしでも不安を解消し、よりよい相続にするためのヒントをお伝えします。

☆お伝えしたい内容
注:前編・後編は別日程です。なおセミナー趣旨方針をご確認ください

<<< 前編 >>> 
・相続税を節税・ゼロにするテクニック(基礎編)
・親の老後問題 (認知症・介護などの問題とその対策)
・親の老後対策 (家族への信託・後見制度)
・相続時の手続き、そして相続争いになった場合のこと
・親に相続対策を勧めるアプローチのヒント
・自分に不利にならない対策 

<<< 後編 >>>  
・相続税の計算方法の説明 
・相続税を節税・ゼロにするテクニック(応用編)
・相続対策の優等生、保険の活用法
・財産に不動産がある場合の問題 
・相続争いの事例と対策
・親が動いてくれなくても、子にできる事前対策

☆セミナーの趣旨・方針

前編・後編は別日程です。
事前アンケートから、参加される方が興味を持っているテーマや事例を取り上げます
・可能な限り、実践的な内容を中心にお伝えします
・小難しい話や法律の解説などは行いません
・各士業や各業者が語らない裏話もお話しします(士業・相続業者参加不可・保険業はOKです)

☆その他

参加記念品:参加者全員に、相続入門ハンドブック進呈
参加費:1000円(各回ごと)
入退室自由・途中参加可です。
セミナー後は個別相談も可能です(要:事前予約)

※当研究所は、高齢化の進む日本社会において、特定の業界に偏らない立場と幅広い視野で相続対策に取り組み、日本の社会から老後と相続の悲劇をなくし、相続争いをなくすことを目的として活動しています

コンテンツ一覧表

PAGE TOP