相続の取り組み宣言

相続の取り組み宣言

相続でくやしい思いをしないためのノウハウをお伝えできます
たとえ悪意はなくても、相続ビジネスだけを考えた会社はたくさんあります。

  • 先祖代々の土地でさえ、事情を顧みず売却をすすめてくる不動産関係の相続会社 
  • 節税を強調するが不動産は弱い税理士事務所
  • 土地活用を提案するが、その後の経営はノータッチの工務店など

日本相研では、業界に偏らないアドバイスを行います。セカンドオピニオンとしてもご相談ください。

 

手堅く、堅実な仕事を行います
節税手法は多種多様で、基本的には安全安心確実な保険や生前贈与の活用の検討から入り、順を追って様々な節税手法をとってゆきます。

お金を残すのか、財産(土地・会社など)を残すのか、家族にどう残してゆくのか、様々な想いが交錯するとは思いますが、私達はご希望にできる限り沿うよう、手堅く確実な仕事を行います。

 

 

大きな視点で、違った発想からアプローチします
当研究所では、業界に偏らない相続対策を研究してきていますので、他とは発想や取り組みが違います。

たとえば法人を活用して「節税+収益+相続対策」といった取り組みも行うのはもう一般的ですが、
他にはない独自の取り組みでは、事業再生スキームの応用で相続税対策に取り組む提案もできます。

そういった様々な発想と視点、そして経験と実行力があるのは、当研究所だけだと考えています。

 

 

誠実でまっとうな事業を行います
個人的な話題になってしまいますが。私(代表理事)の父は製造業を営んでいて、愚直ながら、さまざまな開発を行い、社会に役立つ製品を供給してきました。

事業では、上の会社に技術を盗まれたり、不渡りを受けたり、人にだまされたり、大変な思いを何度もしてきましたが、取引先に対しては支払日前の現金払いで、一度も迷惑をかけたことがないことが自慢です。

また銀行が割った手形が不渡りになった時も、「道義上の責任がある」といって、それまで補償してしまうくらい、だれにも迷惑をかけたくない生き方をしてきました。(リスケのあとの不渡りで、売上7ヶ月分でした。。。)

父とは40年近く一緒に仕事をしましたが、仕事ではほとんどなにも教えてくれませんでしたが、父の背中を見て来たことが形のないこころの財産になっていると思っています。

私もおなじように社会に役立つサービスを提供し、愚直に、より良い仕事をおこなってゆくつもりでいます。

 

 

PAGE TOP