相続対策の手法

相続の前後での対策 この決定的な違い

相続の前後での対策は、決定的な違いがあります。 それは遺産分割対策や節税対策を、資産を持つ方がリーダーシップを持ってできるので、時間をかけてより多くの対策を具体的に決められます。   反対に、資産を持つ方が何も […]

相続税の軽減制度の3本柱 と 相続税の計算

ここではもっともよく使う、相続税の軽減で使う3つの制度を記載しています。 (平成27年1月1日~)   基礎控除 基礎控除額 = 3,000万円 + 600万円×法定相続人の数  【例】 相続人3人 ⇒ 3,0 […]

相続税の対策法1 土地を分けて、節税(土地の分筆)

相続時、土地を分けて、土地の価値を変えてしまうことで、相続税評価を下げる手法があります。 例えば、敷地を2つに分ける時、   上のような分け方をすると、ただ普通に分けただけで、土地の評価は変わりません。 そこで […]

相続税の対策法 広大地の評価

簡単に言えば、広大地とは、 住宅を建てる時、道路や公園もつくらないといけないくらい、広い土地 です。 たとえば、広大地と認められた2,000㎡の土地は、路線価の半分の評価になり、かなりの節税になります。   大 […]

不動産は「節税要素」

不動産は節税要素 相続税対策で重要な考え方は、不動産は節税要素ということです。 1億円の現金と、1億円を不動産にした場合の相続税は、状況により大きく変わってきます。 その点を利用して、資産防衛や収益事業化、節税対策などに […]

不動産は「節税要素」 例1

ケーススタディ1として、不動産を活用して、単純に相続税を軽減することを目的とした手法があります。 このケースでは、ひとり娘の設定です。    ケーススタディ1 娘に、親の土地にある賃貸建物を1億円で建てて、賃貸 […]

不動産は「節税要素」 例2

ケーススタディ2として、相続税が発生する場合、法人を設立して資産移転させ、相続税を軽減することを目的とした手法があります。 このケースでは、ひとり息子の設定です。   ケーススタディ2 息子に法人を設立させ、親 […]

相続税の対策法4 分割のテクニック

生前対策は、ほんとうにいろいろなテクニックが使えます。 息子が二人いる場合、長男に実家を譲りたい場合があるとします。   ケーススタディ4 親が住宅(建物だけ)を、長男に贈与、もしくは譲渡(売却) 底地は長期の […]

相続税の資金調達法

相続時、場合によっては相続税を納めるための資金が足りず、泣く泣く売却をせざるを得ない場合があります。 もうすこし時間があれば売らずに済んだのに、という場合は、あい相続では、事業再生で行われる手法を活用することができます。 […]
PAGE TOP